肌がきれいになる石鹸の選び方

SONY DSC

汚れや皮脂をさっぱりと落として、すっきりとした洗い心地の石鹸を使っている人は、知らない間に乾燥肌になってしまうかもしれません。

石鹸を使って顔を洗うことは毎日のことなので、洗顔はとても大切なスキンケアのひとつです。石鹸選びを間違ってしまうと、肌の状態が低下して、肌が本来持っている美しさを損なってしまう可能性があるのです。

肌がきれいになるためには、汚れや皮脂を洗い流すことが大切ですが、汚れを落としながら必要な潤いを残すことや肌に余分な刺激を与えないことも大切です。

肌には本来バリア機能という肌自身を守る働きが備わっています。

正常のバリア機能が働いている場合には、肌の内部が水分で満たされ、肌表面の角質層のきめが整った状態になっていますが、肌のバリア機能が衰えると、角質層がめくれあがったり、薄くなったりして肌内部の水分を保つことができず、乾燥してかさかさになってしまいます。

肌のバリア機能を衰えさせず、肌の生まれ変わりを促すためには、石鹸の選び方が大切です。

しっかりとした濃密な泡ができる石鹸を選び、良く泡立てて肌に余分な刺激を与えずに、泡のクッションに包まれるように泡の弾力で洗うことができる石鹸を選びましょう。

天然の泥など、汚れを吸着する成分を含んでいると、泡の弾力だけでも十分に汚れを落とすことができ、必要な潤いを残すことや肌に余分な刺激を与えず、きれいな肌状態を保つことができるのでおすすめです。

美白したい人の石鹸選び

毎日行う洗顔は、肌を清潔にすることはもちろんですが、肌の状態を左右する大切なスキンケアのひとつでもあります。

肌の汚れをきちんと落とすとともに、古い余分な角質を穏やかに取り去り、必要な潤いを逃がさないようにすることが洗顔石鹸を選ぶときにはとても重要です。

洗顔をきちんと行っていると、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが正常に働き、メラニン色素を含む古い角質をきちんと体外へ排出することができるので、美白にもなると言われています。

しかし角質層を取り除きすぎてしまうと、肌が自分自身を守る働きである肌のバリア機能が衰えてしまうため、皮膚の表面が乾燥してめくれてしまったり、肌内部の水分まで蒸発しやすくなってしまったりして、肌がかさつき、状態が悪くなると肌が自分自身を守ろうとしてメラニン色素を放出し、シミやそばかす、くすみが生まれてしまうのです。

美白したい人が石鹸を選ぶときには、濃密な泡がたっぷりと立つ石鹸を選ぶことがおすすめです。

泡がしっかりと立つ石鹸を使うことで、泡がクッションとなって、肌に余計な刺激を与えずに、汚れだけを吸着してきれいに洗うことができます。肌に刺激が加わりにくくなるため、メラニン色素を作り出さず、余分な角質だけを取り除くことができるので、明るい印象になることが期待できます。

天然の泥など、汚れを吸着する成分を含んでいると、さっぱりした洗い上がりでも、必要な潤いを残すことができるのでおすすめです。

石鹸は美容の基本になるアイテム

あらゆる美容アイテムの中でも、石鹸は美容の基本となるものです。

肌がテカっている状態でスキンケアをしても、せっかくの美肌成分が浸透してくれません。

浸透力を高めるためには、毛穴を開かせておく必要があるのです。

毛穴が詰まった状態でスキンケアをしても、成分が肌表面で弾かれて浸透しないのです。

浸透力を上げるためには、石鹸でスッキリと洗浄してあげる必要があります。

生クリームのような泡を作ることで、毛穴の中まで泡のパワーで洗い上げることができるのです。

美肌になる基本は、自分に合った石鹸を見つけることにあります。

天然成分は刺激が弱く、特に無添加石鹸は肌に優しいです。

ただ、無添加と記載されているから添加物が0とは限りません。

完全無添加と記載されている商品に関しては、本当に添加物が含まれていない可能性が高いです。

添加物を配合すると洗浄力がアップするので、ほとんどの石鹸には含まれています。

自分の肌に使用してトラブルが発症しないなら何の問題もありませんが、敏感肌や乾燥肌の方だと合成成分の多い石鹸は肌トラブルの原因となることがあります。

結局のところ自分に合った石鹸は、使って試すしか判断する方法はありません。

美容になるためには、何より毎日の汚れをリセットすることが大切です。

ただし、すべて皮脂を除去してしまうと、乾燥を招くので注意が必要です。

乾燥することで吹き出物が生じることは少なくありません。

皮脂は適度に残す必要があるわけですが、残しすぎても問題があります。

美容のためには洗浄料も含めて、自分に合った商品選びが大切なのです。

おすすめの石鹸について

石鹸と一言で言っても様々な会社から様々な商品が販売されており、出来るだけ効果が高い商品を選びたいけれどどれがいいのかわからないという方も多いと思います。

そこでまずおすすめなのがカウブランド石鹸の赤箱100gの商品です。

こちらの商品は6個で473円で釜だき製法で作られた人気の商品です。

口コミには毛穴のざらざらがなくなりしっとりとして肌の状態が良くなった、匂いが牛乳石鹸の優しい香りで好きだという声があります。

続いてはこの赤箱と同じブランドで青箱があります。

こちらはさっぱりとした洗い上がりのジャスミンの香りになっています。

この2点は好みの違いはあるもののどちらも非常に人気なので一度使用してみてどちらが良いか決めることをおすすめします。

さらにおすすめなのがソンバーユ石鹸という商品でこちらはお肌の潤いはそのままにホコリや汚れを洗い落とすことができます。

エデト酸やパラベンなども一切使用していないので赤ちゃんやデリケートな肌の方、乾燥肌や敏感肌の方まで幅広い方に使ってもらうことが可能です。

またアレッポからの贈り物という商品もあり、こちらはシリアが生産している石鹸となっています。

オリーブを収穫する10月に年に1回だけ生産されて2年熟成してから手作り業で作られたオリーブ石鹸となっています。

香りはありませんがオリーブオイルが使用されているので使用後は肌がしっとりとするのがわかります。このように石鹸にはたくさんの商品がありその商品によって特徴が異なります。

また、どろあわわなんかも値段を気にしなければおすすめ石鹸のひとつで、どろあわわ洗顔石鹸としてはかなり優秀ではないかと思います。

石鹸選びから洗顔を見直してきれいな肌に

毎日行う洗顔には、汚れを落として肌を清潔に保つという大切な役割がありますが、石鹸選びを間違うと肌が乾燥してかさついたり、余分な刺激を肌に与えてシミやそばかす、黒ずみなど色素沈着の原因になってしまうことがあります。

石鹸を選ぶときには、洗い上がりの感覚で選んでいる人も多いのですが、大切なことは、肌が自分自身を守る働きであるバリア機能を損なわず、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを正常に近づけ、肌自身の美しさを発揮できるようにすることです。

肌自身の美しさを発揮できるような石鹸の選び方は、洗い上がりの感覚だけで選ばずに、泡洗顔ができる石鹸を選ぶようにすることがおすすめです。

濃密でクリーミーな弾力がある泡を作ることができる石鹸は、泡がへたりにくく、しっかりと泡の弾力で肌を包み込んで洗うことができます。

泡の弾力で洗顔することができると、肌をこすって余計な刺激を与えることなく、泡が毛穴やきめの汚れを包み込むことができるので、色素沈着の心配がなく、くすみが払われたような透明感のある肌に近づくことが期待できます。

汚れを吸着する効果が高い天然の泥などが含まれている石鹸を選ぶことで、泡の弾力と泥の吸着力がダブルで働き、肌に刺激を与えることなく、汚れをしっかりと落とすことができ、泥には保湿作用があるものが多いので肌が必要な潤いを残して、さっぱりしているのにしっとりとした美しい肌に近づくことができます。