石鹸を使うなら十分に泡立てることが重要

石鹸はうまく使用しないと、洗浄力が大幅に落ちてしまいます。

泡立てが不十分だと肌表面の汚れしか落ちず、毛穴の内部には汚れが詰まったままとなります。

毛穴の汚れを除去しなければ、肌状態は安定しないのです。

皮脂が詰まっていればオイリーになり、吹き出物を発生させることになります。

クレンジングオイルを使えば毛穴の内部までキレイにできますが、基本は石鹸で落とすことです。

石鹸のほうが肌にとって低刺激なので、なるべく石鹸で落とすようにしましょう。

モコモコになるまで泡立てすれば、皮脂がスッキリと落ちて透明感のある肌になります。

肌がくすんでいる、以前より黒くなった、などと感じたら毛穴ケアが必要かもしれません。

泡立てを十分にすれば、クレンジングオイルは基本的に必要ありません。

どうしても皮脂が多いと感じた場合にクレンジングをすればいいのです。

クレンジングは強力な洗浄力がある反面、肌に刺激を与えやすいので注意が必要です。

そのため低刺激の石鹸を基本にして洗浄し、クレンジングは週1などの頻度で使用します。

低刺激の無添加石鹸の洗浄力はやや弱いですが、泡立てネットを利用してモコモコの泡を作れば十分な洗浄力を得られます。

泡で洗浄するようなイメージで洗えば、毛穴の内部までスッキリできます。

スポンジで擦れば汚れが落ちやすいように感じるでしょうが、むしろ洗浄力は下がってしまいます。
毛穴の内部の皮脂が落ちにくいので、たっぷりの泡を作って手のひらで転がすように洗っていくのがベストです。